yhara.jp

Recent Posts

2021年10月 (Shiika パターンマッチ)

2021-10-03
Diary

Shiika

パターンマッチの実装をしていた。ようやくバグが取れて、あともう少し整理したらマージできるかなというところ。いやー時間かかったなあ。なんでこれだけのことがこんなに時間かかるんだろう、と時々思うが、思っててもしょうがないので、一つ一つやっていくしかない。まあ9月は仕事が忙しかったし、体調も良くなかったし、そういう時もあるよね。

引き続き処理系Slackのみなさまには隔週で話を聞いてもらっている。ありがたいことです。

(more...)

2021年8月 (biwa10)

2021-09-05
Diary

BiwaScheme

毎年夏の間だけチャレンジしている構文木マクロの実装だが、ようやく「なんとかなりそう」な感じになってきた。

方針を立てたので、あとはぼちぼちやっていくだけ…ではあるけど、あくまでShiikaの方が優先なので、数年後くらいに形になればいいなあ、くらいに思っている。

Shiika

(more...)


『定理証明支援系 Coq チュートリアル』に参加した

2021-07-10
Diary

先週の土日にこのオンラインセミナーに参加してみた。

定理証明は、名前は聞くけど触ったことはなくて、興味はあるけど本を買うほどのモチベーションはないし、誰か詳しい人が要点だけ教えてくれたりしないかな〜。と思っていたところ、まさにぴったりのイベントが。なんていうか、昔ならこういうのは東京まで行かないと参加できなかった気がするけど、家からオンラインで参加できるようになったのは嬉しいね。

日程は5時間 x 2日という長丁場で、説明だけでなく練習問題もあるのでとっても疲れた!でもこういうのって自分で手を動かさないと「わかったような気になった」だけで終わりがちだから、演習があるのはとてもありがたい。

Coqの感想

(more...)

2021年6月 (Shiika enum)

2021-07-03
Diary

近況です。

Shiika

今月はenumを実装した。ようやく念願のOption型が使えるようになるぞ…と思いきや、パターンマッチがないのでメソッドが書けないことが判明。道は長い。

ちなみにクラス名はOptionじゃなくてMaybeにする予定。HaskellとRakuくらいでしか見たことないけど、コンピュータぽくなくて好きなんですよね。あとOptionという名前はCLIアプリで普通に使いそうとか、Maybeの方が(日本人にとっては?)初学者に意味がわかりやすいとか。

BiwaScheme

(more...)

2021年5月 (処理系ミートアップ)

2021-06-04
Diary

近況です。

Shiika

今月は定数まわりの実装を整理した。これでenumが実装できる…と思ったんだけど、その前に「スーパークラスに型パラメータを書けるようにする」が必要であることが判明した。yak shavingだなあ。しかしまあ先に気づけてよかった。ミートアップのおかげだ。

BiwaScheme

(more...)

2021年4月 (Shiika 分割コンパイル)

2021-05-02
Diary

近況です。

Shiika

今月は分割コンパイルへの第一歩として、組み込みクラスとユーザープログラムを別々の.bcファイルとして作り、clangでリンクするようにした。PRの長さを見ればわかる通りけっこう大変だったが、これでライブラリが何をエクスポートし得るかについて整理できた。

関連して、Rustで組み込みクラスを書くための準備もした。Fileクラスとかは今までの仕組み(こういうやつ)だけでやるのは大変すぎるからね。

(more...)


2021年2月 (Shiika return)

2021-03-02
Diary

先月の活動報告です。

Shiika

doc/guide, doc/specを追加した。一見同じものに見えるが、前者はユーザ向け、後者は仕様書なので微妙に内容が違う。例えば「メソッド名は慣習的にunder_scoredにする」という話は前者には書くが、後者には書かない。一方、普段使わないようなコーナーケースの話は後者にだけ書く。という感じ。

あとメソッドからのreturnを実装した。その勢いでブロックからのreturnも実装しようとしたのだが、思ったよりはるかに難しいことがわかり一旦ペンディングにすることにした。

BiwaScheme

(more...)

2021年1月 (TENET)

2021-02-05
Diary

近況です。

Shiika

今月はなんかいろいろやった。大きなのはHashクラスが入ったのと、Array#mapが入ったのと、こないだ書いたctxのリファクタリングかな。

あとは「一年の計は元旦にあり」ということで、Shiikaレベルで書けないものをどうするか検討していた。結果としては、標準ライブラリはRustで書いて、それとは別にffi機能を提供するということに落ち着きそう。Rustでライブラリ(RubyでいうRubyGemsみたいな)を書けるようにしようかなとも思ったのだけど、それだけだと例えばlibSDLを使いたいときにShiika→Rust→Cという二人羽織状態になってしまうので。

BiwaScheme

(more...)

Posts

(more...)

Articles

(more...)

Category

Ads

About

About the author