yhara.jp

Recent Posts

clangのwarning: overriding the module target triple

2021-04-24
Tech

この件について処理系Slackで相談したところ、いろいろなことが分かった。

背景

自作言語Shiikaに分割コンパイルを実装して、LLVM bitcode (.bcファイル) を2個作ってclangコマンドでリンクしようとしたところ、以下のような警告が出るようになった。

warning: overriding the module target triple with x86_64-apple-macosx10.15.0 [-Woverride-module]
1 warning generated.

shiikaはRust + inkwellで書かれているので、.bcの生成前に

module.set_triple(&inkwell::targets::TargetMachine::get_default_triple())

としてtarget tripleを指定してやればよい…と思ったのだが、get_default_tripleはなぜか x86_64-apple-darwin19.6.0 を返していて、上記のwarningとは一致しないことが分かった。

調査

とりあえず module.set_triple(&inkwell::targets::TargetTriple::create("x86_64-apple-macosx10.15.0")) のように手でclangが認識するtripleを書いてやれば警告はでなくなったので、あとは「macosx10.15.0」が取れれば良いことがわかった。

ところが llvm-config --host-target とか、dsymutil --version とか、何なら clang --version でさえも「darwin19.6.0」を表示する。はて?

原因

実はclang内にComputeEffectiveClangTripleという関数があって、target tripleをただの「darwin」からより詳しい「macosx」に直していることがわかった。なるほど他のコマンドでは「darwin」になるわけだ。

プラットフォームの推測は以下の順に行われる。

  1. -targetオプション
  2. -mversion-minオプション
  3. 環境変数 "MACOSX_DEPLOYMENT_TARGET"
  4. SDKのSDKSettings.json
  5. llvm::sys::getProcessTriple

今回の場合1,2,3はいずれも指定していない。また4は、もし \xcrun --show-sdk-path`/SDKSettings.json` の Version を見てるのだとしたらmacosx「10.15.4」になると思うんだよねえ。macosx「10.15.0」になっているので、5の可能性がある。

5の場合

という流れになって、ここで

    Micro = 0;
    Minor = Major - 4;
    Major = 10;

という処理があり、darwin「19.6.0」がmacosx「10.15.0」になる現象と合致する。

対策

というわけで「警告をどうやって消すか」については以下の2通りが考えられる。

  1. どうにかして "x86_64-apple-macosx19.4.0" を作り、.bcのtarget tripleに指定する。
  2. clangに-targetオプションを渡してtarget tripleを明示する。

このうち1は非現実的である。というのはclangがtarget tripleを補正する処理は上で見たとおり非常に複雑でコピーできないからだ。

ということで今回は2の方法で解決した。

余談

Rustでもこれに起因する問題があって、rustcに環境変数を渡して挙動を制御できるようにしたそうだ。

More posts

Posts

(more...)

Articles

(more...)

Category

Ads

About

About the author