近&況

Recent Posts
Edit

FGJを読む(1)

2016-10-24

新シリーズです。FJ (Featherweight Java)の論文のFGJのところを読んでいきます。 将来的にジェネリクスがある静的型言語を自作したいという目標があるのでその準備です。

FJとは

型理論の研究のために考案された、Javaの「とても小さい」サブセットです。 論文はこちら。

あとTAPLにもFJの章があります。

FGJ (Featherweight GJ)とは

上の論文の3章で取り上げられている、FJの拡張(言語機能を足す)のサンプルで、FJにジェネリクスを足したものです。 GJはFJより前からあったもので、Javaにジェネリクスを足すという研究です。論文はこちら。http://homepages.inf.ed.ac.uk/wadler/papers/gj-oopsla/gj-oopsla-letter.pdf

Java+Generics→GJ、FJ+Generics→FGJという関係です。

構成

読み始める前に構成を確認しておきます。

ここまでがFGJの話っぽいので、3章と4章を読んだらゴールということにします。