yhara.jp

Recent Posts
Edit

趣味でも仕事みたいにコードを書く

2017-06-29
Tech

趣味で書いてるコードのうち、規模が小さいものはCHANGELOGを書いてなかったのだけど、最近は書くようになった。

前までやっていなかったのは面倒だというのが理由だけど、実際やってみるとそれほど面倒でもない。むしろ、自分が最近何の作業をしていて、そのうちどれが完成しているとかが分かって便利だ。

変更内容を記録して、溜まったらgitのtagを打って、masterにpushして、みたいなことをしてるとまるで仕事みたいだけど、効率を良くしようとすると、仕事のやり方に近づくのは自然なのかもしれない。趣味とはいえ、効率が良くなればもっと多くのものを作れるようになる(または遊ぶ時間が増える)ので、効率は大事だ。

これは趣味のコードだから雑に作業する、みたいなことをする場合、仕事と趣味で意識を切り替える必要があるけど、ぜんぶ仕事みたいにやることにすれば、切り替えが無くなって、ずっと同じペースで作業できるので良いかもしれない。

Edit

Rubyで呼ばれたメソッドを列挙するやつ作った

2017-05-27
Tech

この記事を読んで、TracePointで同じことができないかと考えた。TracePointはRuby 2.0からある機能で、Rubyのメソッド呼び出しなどのイベントをフックできる。(昔のset_trace_funcに相当する)

とりあえず動いたのでgithubに置いた。

こういう適当なa.rbがあるとする。

(more...)
Edit

WASMはじめの一歩 (wastを書いてブラウザで動かすところまで)

2017-05-24
Tech

こんばんわ。今日はWebAssemblyにチャレンジしたいと思います。wasm用のプログラムを書いて、それをブラウザで動かすところまでやります。

用意するもの1:.wat

まずはWebAssemblyで書かれたプログラムが必要です。拡張子は.wasmです。あいにくこれはバイナリファイルなので手書きするのは難しいです。一般的にはお好みの言語で書いたプログラムをLLVM経由で.wasmに変換するのだと思いますが、今回はWebAssemblyそのものの例としたいので、wasmのテキスト表現を使います。

以下の内容をsquare.watというファイルに保存します。.watというのはwasmのテキスト表現のための拡張子です。ツールによっては.wastという形式を受け付けるものがありますが、これは.watの非公式な上位互換拡張だそうです。

;; square(i32 i) -> i32
(more...)
Edit

ブログを作る(12) カテゴリ機能を付けた

2017-05-16
Tech

記事にカテゴリを付けられるようにした。前からやりたかったものの一つである。ソースはこのへんだけど、ファイル構成の見直しも同時にやったのでこれだけ見てもよく分からないな。

同カテゴリの記事を探しやすくするというのが第一の目的だけど、もう一つの変更点として、日記(カテゴリDiary)を省いたAtomフィードを追加で提供するようにした。これを期にもうちょっと雑多な内容も書くようになるかもしれない。ならないかもしれないけど。

やったこと

(more...)
Edit

LLVMで例外を実装するには

2017-04-06
Tech

LLVMを使った自作言語に例外を入れることを考えてた。結論からいうとCrystalのソースを真似するのでよさそう。

_Unwind_RaiseException等の仕様はここ。http://itanium-cxx-abi.github.io/cxx-abi/abi-eh.html

「Itanium C++ ABI」という名前ではあるけれど、Level I, II, IIIのうちのLevel I部分(_Unwind_RaiseException等)はC++に限らない言語独立なAPIになっている。__cxa_throwはLevel IIで、C++用のもの(であるけれど、場合によってはこれが使えることもあるかも)。

(more...)
Edit

LLVMで動くオブジェクト指向言語を作ってレイトレした

2017-03-07
Tech

先月のエントリでEsquisというプログラミング言語を作っていると書いたが、あれからいろいろ機能を足して、レイトレーシングのプログラムが動くようになった。

できたもの

https://github.com/yhara/esquis/releases/tag/v0.0.1

実行結果

レイトレ結果

(more...)
Edit

CapybaraでSinatraアプリをテストする

2017-02-28
Tech

このブログはSinatraで作っていて、テストはRack::Testで書いてたのだけど、思い立ってCapybaraで書き直した

Rack::Test vs Capybara?

というのはある種のバグがRack::Testだと漏れちゃうんですよね。例えばフォームをsubmitしたときにビューのtypoで正しいリクエストが飛ばない、みたいなやつ。Rack::TestだとこういうPOSTリクエストに対しこういう挙動をする、は書けるんだけど、ボタンを押したときにどういうPOSTが飛ぶか、はCapybaraでないと書けない。

もっと規模が大きければRack::Testでコントローラのテストを書いて、Capybaraでintegraiton testを書いて…みたいな構成もあり得るけど、このブログの場合は規模が小さいのでCapybaraによるE2Eテストだけあれば良いかなと思う。

以下、Rack::Testから移行するに当たって「これどうするんだろ?」ってなったことをメモしておく。

(more...)
Edit

Rubyでレイトレーシングした

2017-02-21
Tech

生成された画像

これをRubyに移植した。aobenchが自作言語のターゲットとしてまだちょっと大きいなと思ってより小さいサンプルを探していたのだけど、最後のステップまで移植したら結局aobenchとあんまり変わらないようなものになった。ただaobenchのコードはちゃんと理解していなかったので、少し理解が深まった気がして面白かった。あと画像が出るプログラムはやっぱり楽しい。

ソースはgistに上げた。ray5.rbまであり、それぞれ以下のようになっている。

  1. 画像を生成する
  2. 球を出す
  3. 陰影を付ける
  4. 床を出す
  5. 反射させる

上に貼ったのはray5.rbの出力結果だ。よく見ると元記事と微妙に球の位置が違うことが分かるが、オリジナルは時間tを受け取ってアニメーションするようになっていて、tの値が違うのが原因と思われる(最初、アルゴリズム部分に間違いがあるのかと思って焦った)。

Edit

printfだけで画像を生成する(.ppm)

2017-02-21
Tech

自作のプログラムで画像を出力したいとき、どのフォーマットを選ぶのが良いだろうか。PNGやJPGなどは広く普及したフォーマットだが、マイナーな言語や自作のプログラミング言語の場合、出力するためのライブラリが存在しない場合がある。

そんなときに役立つのが、aobenchでも使われているPPMという画像フォーマットだ。PPMは仕様が極めてシンプルなので、例えばprintfが使えれば出力することができる。

以下はppmファイルの例である(上記ページから拝借)。

P3
3 2
255
(more...)
Edit

オブジェクト指向言語をLLVM IRにコンパイルするには

2017-02-07
Tech

昨年から、Esquisという言語を作っている。Rubyっぽい文法の静的型付け言語になる予定で、実行はLLVM IRを経由して行う。

ということで、(クラスベースの)オブジェクト指向言語をLLVM IRで表現する方法について考えていたので、分かったことをまとめておく。既存の実装としては主にCrystalの生成するLLVM IRを参考にした。

オブジェクトをstructに対応させる

LLVMにはstruct型というものがあり、オブジェクトはこれで表現することができる。問題はどのようなstruct型を定義するかだ。

最初に考えたのは、EsObjという型を作って、すべてのオブジェクトを表現するという方法だ。

(more...)
« Prev Next »